【書評・要約】リーダーの仮面(安藤広大著)|識学メソッドを体感せよ!

【書評・要約】リーダーの仮面(安藤広大著)|識学メソッドを体感せよ! 書評

[PR] 当サイトはアフィリエイト広告による収益を得ています。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\お買い物マラソン実施中!/
楽天市場で探す

今回の記事は、安藤広大著『リーダーの仮面について、

を、忙しい人向けにサクッ…とまとめました。

ほしくん
ほしくん

↑気になる部分をクリックすると、ジャンプできます。

本書を一言で紹介するなら…

  • 識学メソッド(※)を用いた「リーダー本」

※株式会社識学の提唱する、意識構造学を用いた組織のマネジメント理論

以下に当てはまる人は、ぜひ読んでください。

  • 会社で部下を持つようになった
  • リーダーとしてあるべき姿がよく分からない
  • 「識学メソッド」がどのようなものか、気になる

書籍情報

書籍情報
  • 作品名:『リーダーの仮面
  • 著者名:安藤 広大(株式会社識学 代表取締役社長)
  • Audible(オーディブル):聴き放題対象外(会員なら30%オフ)

5年で1600社が導入した、いま最も人を成長させる組織論。「モチベーションを上げても成果は出ない」「ルールなき自由な職場が成長を止める」など、成長にフォーカスをあてたマネジメントノウハウ。上司と部下に緊張感のある「ちょうどいい距離感」が最も最高の結果を出す!

【出典】Amazon HPより

↑目次に戻る

要約

1分でわかる!要約

リーダーのNG例

リーダーのNG例

本書の冒頭では、
リーダーとしてやってはいけない事例が2つ紹介されています。

  • ①手取り足取り教えてしまう
  • ②自分の背中で引っ張る
ほしくん
ほしくん

自分がドンピシャだったので、読みはじめて5分で反省しました(笑)

①が良くない理由は、以下の2点。

  • 部下が自分で考えることをやめるので、成長しない
  • 自分がいないと、チームとして機能しない

結果として、組織の成長が見込めないことになります。

②については、リーダーとしての役割を正しく理解できていません。

ほしくん
ほしくん

リーダーはプレーヤーではありません。

次の項目で、リーダーがどのような役割を果たせば良いのか解説します。

↑目次に戻る

リーダーは、5つのポイントを意識せよ!

リーダーは、5つのポイントを意識せよ!

以上の前提に立ったうえで、
「リーダーが意識すべき点は5つある」と、筆者は説いています。

  • ①ルール(言語化されたルールをつくる)
  • ②位置(上下の立場からコミュニケーションする)
  • ③利益(利益の有無で人を動かす)
  • ④結果(結果だけを見る)
  • ⑤成長(未来の成長を選ぶ)
ほしくん
ほしくん

特に印象的だった、②位置、④結果についてまとめます。

リーダーが意識すべきポイント②:位置の視点

②位置の視点

「上司と部下は対等ではなく、上下の立場からコミュニケーションすべし」

上記のような、ピラミッド構造を前提としたマネジメントのポイントが「位置の視点」です。

  • そもそも、会社(組織)はピラミッド構造。だから、上司と部下に上下関係があるのは当たり前ですね。

本書で挙げられていた事例は数多くありますが、

  • 「お願い」ではなく「言い切り」にする
  • 業務を依頼する際、メリットを提示しない
  • 「部下から上司」の流れで報告させる

の3点は、自分ができていないポイントで、ぶっ刺さりました。

  • 特に3点目ですが、指示に期限を入れないと、上司から部下と逆の流れで確認することになるので要注意です。

リーダーが意識すべきポイント④:結果の視点

④結果の視点

「プロセスではなく、結果だけを見る。」

上記が、マネジメントのポイント4つ目になります。

なぜなら、プロセスを褒めると、
結果の出ていない部下が勘違いをする可能性があるから。

例えば残業をした部下に対して、
リーダーが次のように伝えると、どうでしょうか。

「遅くまで頑張ったみたいだね」

この発言は残業という「プロセス」を評価するもので、「結果」を見ていません。

あくまで上司として必要な行動は、
最初に目標を設定し、最後に結果を報告してもらうこと。

ほしくん
ほしくん

「点と点の管理術」という言葉が使われていましたが、言い得て妙です。

  • 目標の設定(点):期限と状態を示す
  • 途中のやり方:過去の自分のやり方を押し付けない
  • 結果の報告(点):部下からさせる

以上の3点は、日頃の業務でも個人的に意識したいポイントです。

5つの視点のうち、②位置、④結果について説明しました。

ほしくん
ほしくん

残り3つの視点が気になる方は、ぜひ本書を手にしてみてください。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\お買い物マラソン実施中!/
楽天市場で探す

↑目次に戻る

感想・考察

本書を読んだ感想・考察

本書における識学メソッドを通じたリーダー論は、
人の感情という目に見えない部分に振り回されないため、非常に合理的だと感じました。

ほしくん
ほしくん

調和を重んじる日本の伝統的な組織マネジメントとは、一線を画しています。

しかし、

  • 営業職などの職種
  • 成果主義の風潮がある組織(例:ベンチャー企業)

にはピッタリですが、

  • 総務系のバックオフィス
  • JTC(日本の伝統的企業)

で導入すると、部下の反感を買う可能性が高いとも感じます。

よって、チームの和を乱さないよう、
必要な内容を取捨選択して取り入れることが重要ではないでしょうか。

ほしくん
ほしくん

会社の風土や仕事内容に合わせて、できる範囲で実践していくのが吉です。

私個人としては、次のアクションを実践していきたいです。

  • 会議後のタスクは、役割分担(担当者)を明確にする(②位置)
  • 日頃の業務指示には期限を入れる(④結果)
  • 残業したことを労わない(④結果)

↑目次に戻る

耳読レビュー

Audibleは?耳読レビュー

今回紹介した『リーダーの仮面』は、
Audible(オーディブル)の配信がありません。

ただし、Audible会員は単品購入が30%オフなので、
聴き放題と併せてお試しください。

Audibleで聴ける「リーダー本」の類書では、以下がオススメです。

\【会員限定】単品購入が30%オフ!/
リンク先:【公式HP】https://www.audible.co.jp/

↑目次に戻る

まとめ

まとめ

本書のオススメポイントは、2点です。

  • わかりやすく、すぐに実践できる内容が多い
  • リーダーとしてやりがちな失敗を避けられる

組織におけるリーダーのあり方が、
現場レベルで体系化されている良書です。

もっと詳しく知りたい方は、以下からどうぞ。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\お買い物マラソン実施中!/
楽天市場で探す

安藤広大さんが著書の識学メソッドを用いた本では、
今回紹介した「リーダーの仮面」以外にも、

  • 「とにかく仕組み化」
  • 「数値化の鬼」

があるので、識学メソッドを極めたい方はぜひ。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\お買い物マラソン実施中!/
楽天市場で探す
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\お買い物マラソン実施中!/
楽天市場で探す