【即退会OK】Audible無料体験30日はコチラ

【禁酒にはメリットしかない】本から学んだお酒をやめる方法・効果を解説

【禁酒にはメリットしかない】本から学んだお酒をやめる方法・効果を解説 書評

[PR] 当サイトはアフィリエイト広告による収益を得ています。

今回の書評は、垣渕洋一 著『そろそろ、お酒やめようかなと思ったときに読む本』です。

ひとこと紹介文

「お酒を飲む肉体的なメリットはゼロ」禁酒したくなる衝撃の事実が本書にはある。飲酒に対するフラットな視点が得られる1冊。

ほしくん
ほしくん

この本を読んで、本格的に禁酒生活を始めました!

本書を読むメリット

・アルコールを摂取する肉体的なデメリットがわかる
・禁酒すると得られるメリットがわかる
・お酒と上手に向き合えるようになる

書籍情報

書籍情報
書籍情報

・作 品 名:そろそろ、お酒やめようかなと思ったときに読む本
・著 者 名:垣渕洋一
・Audible:聴き放題対象

【要約】
あなたのお酒とのつきあい方、そろそろ見直してみませんか? 「自分はそんなに飲まないから大丈夫」と思っている人でも、毎日飲んでいるなら、それはすでに依存症の“危険サイン”が点灯した状態です。ただし、実はお酒を手放すのはそれほど難しくありません。お酒を遠ざける仕組みをつくり、自分の固定されていた考え方を少し変えるだけ。お酒を飲まなくなると、「お肌の調子がいい」「寝つきがよくなる」「お金が減らなくなる」などいいことだらけです。多くの患者を回復させてきた専門医が、アルコールの正体、正しいつきあい方、やめ方、そして飲み続けてしまったときのことを教えてくれます。

【出典】Amazon HPより

本書を読んだ理由

本書を読んだ理由

飲酒に対する疑問

1つ目は、禁酒する確固たる理由が欲しかったから。


もともとお酒は好きですが、「飲まなくても良くね?」と思うことが増えました。

ほしくん
ほしくん

コロナの影響もあるかもしれません。

お酒より、別のことに時間を使いたい。本を読みたい。


自分のなかで白黒ハッキリ付けたいなと思っていました。

中田敦彦さんのYouTube大学

2つ目は、「中田敦彦さんのYouTube大学」で紹介されていたから。

いつも本のチョイスが秀逸なので、きっと学びが多いと思いました。

感想・考察

本書を読んだ感想・考察

とにかく不思議でした。

お酒が好きな私でも、自然に「アルコールは控えよう」と思えてくるんです。

わたしが本格的に禁酒生活をはじめた理由は、以下の2つです。

理由1:お酒は「百害あって一利なし」

お酒を飲む肉体的なメリットは1つもない

この事実に目が覚める思いがしました。

以下の4つが、その根拠です。

  1. 依存性が高い
    違法薬物モルヒネと同程度、覚醒剤より強い依存性がある
  2. 老化が早まる
    アセトアルデヒド・活性酸素が炎症を起こす
  3. 肌に悪影響がある
    アルコール分解に、ビタミンB群が大量に消費される
  4. がんのリスクが高まる
    アセトアルデヒドは強い発がん性を示す

詳細は本書に書かれていますが、とにかく衝撃的。

ちなみに「酒は百薬の長」と言いますが、
実は古代中国の皇帝・王莽(おうもう)が、酒税を創設する際に作ったキャッチコピーです。

お酒を飲むとドーパミンが分泌されて気分は良くなる。

しかし肉体的なメリットは一つもない。

本書によれば、これがアルコールの真実です。

理由2:お酒を飲まないメリットが大きい

第4章で「アルコールをやめるメリット」が7つ紹介されています。

このうち、以下の2つに”ビビビッ…”と来ました。

思考がクリアになる

「頭がボーッとするな…」

お酒を飲んでいたとき、常にあった感覚です。

本書によれば理由は2つ。

・アルコールの分解で身体が疲弊する
・睡眠の質が下がる

お酒を飲むと利尿作用でトイレに行く。

身体にキレがなく、寝不足だから頭も働かない。

実体験から、納得できる話でした。

時間にゆとりができる

当たり前ですが、1日は24時間と決まっています。

無意識にお酒を飲むと、自由な時間は減っていきます。

飲酒する時間を、別のことに使う。

人生を豊かにするには、禁酒はとても有意義だと感じました。

ちなみに「時間」といえば、飲んだ後も同じで、

・帰りの電車で寝てしまう
・二日酔いで寝たきり状態
・寝不足で仕事にならない

…なんてことになると、被害は大きくなります。

「飲む時間」だけでなく、「飲んだ後の時間」を意識したいですね。


常に思考が冴えわたり、好きなことをする時間もできる。

禁酒している今、何物にも代えがたい喜びだと感じています。

お酒をやめる方法は?

お酒をやめたい人
お酒をやめたい人

そんなカンタンにお酒ってやめられるの?

疑問を持たれる方も多いと思いますが、本書には具体的な方法も多く紹介されています。

参考になった内容がこちら。

「何のためにお酒を飲むのか?」
「どんなとき飲みたくなったり、飲みすぎたりするのか? 引き金は?」

こうしたことは普段あまり考えないものですが、この機会に飲む理由や引き金について観察し「見える化」しておくと、自分の飲酒パターンに基づいた対策を立てられます。(中略)根本にあるストレスの原因や飲みすぎとの関係がわかれば、お酒以外の運動や趣味で代替するなどの計画も立てやすくなります。

【出典】『そろそろ、お酒やめようかなと思ったときに読む本』P.175〜176より

わたしの場合、「頑張ったからご褒美にビール」でした。

でもよく考えたら、自分を労う手段ってお酒以外にもあるんですよね。

読書、サウナ、睡眠、ウォーキング…

一歩立ち止まって、お酒ではない別の方法を考える。

シンプルですが効果は大きいです。

お酒が好きな人
お酒が好きな人

とはいえ、お酒をゼロにするのは難しいよ…

そう感じる方も多いはずなので、本書で書かれていた国が定めた飲酒量の基準をご紹介。

国が定めた健康づくりの指針「健康日本21」では、アルコール依存症の発症リスクが少ない「節度ある適度な飲酒」を定めています。男性の場合、1日平均でアルコール量20g以下(純アルコール量換算で1日20g以下)。目安としては、ビールの中瓶かロング缶1本で500ml日本酒なら1合弱、25度の焼酎なら100m、ワインは小さなグラス2杯程度に相当します。

【出典】『そろそろ、お酒やめようかなと思ったときに読む本』P.85より
ほしくん
ほしくん

意外と少ない…!

お酒を飲むなら、量は控えめにしたいものですね。

個人的なオススメ禁酒法2選

僭越ながら、実生活でも使える「個人的なオススメ禁酒法」2つをご紹介します。

炭酸水を飲む

シュワシュワ感で、手軽にお酒を飲んだ気分になれます。

レモン水を落とせば「レモンサワー」。

朝でも昼でもいつでも飲めるのもうれしいですね。

ノンアルコールで会社の飲み会に参加

会社の良好な人間関係は維持しつつ、プライベートも充実できます。

私の変化は以下のとおり。

・帰りの電車:爆睡→Audibleで読書
・睡眠の質:低い→高い
・翌日の仕事のパフォーマンス:低い→高い

断れない飲み会があっても、自分の時間を大切にし、脳のパフォーマンスも落とさない。

一石三鳥かな、と思います。

耳読レビュー

耳読レビュー

本作は、残念ながらAudible聴き放題の対象外。

アルコール外来の専門医が、語りかけるように書かれている本書。

耳読との相性も良さそうな印象です。

いつか配信されることを期待したいですね!

耳寄り情報

・解約忘れを防ぐため、すぐ退会もOK
2回目以降も無料体験できる可能性あり

\30日間の無料体験は即退会OK!/

リンク先:【公式HP】https://www.audible.co.jp/

まとめ

まとめ

「お酒は100%ダメ。絶対にやめよう」

本書は禁酒を無理強いしているわけではありません。

「飲酒する」「飲酒しない」各々のメリット・デメリットを比較し、多面的に考える。

飲酒に対してフラットな視点を与えてくれる1冊だな、と感じました。

・あなたは本当にアルコールが好きで、お酒を飲んでいますか?
・なんとなく、お酒を飲んでいませんか?

お酒に縛られない自由な生活は、きっと人生を豊かにするはず。

今後の人生を見つめ直す、いいきっかけをくれる本です。