【即退会OK】Audible無料体験30日はコチラ

【オーディオブック比較】Audibleとaudiobook.jpどっちがおすすめ?オタクが徹底解説!

【オーディオブック比較】Audibleとaudiobook.jpどっちがおすすめ?オタクが徹底解説! オーディブル活用術

[PR] 当サイトはアフィリエイト広告による収益を得ています。

  • 色々なサブスクに契約しているから、オーディオブックは安く使いたい
  • でも料金が安いだけで、聴ける作品が少ないのは避けたい
  • 上記の観点から、Audibleとaudiobook.jpどちらが良いか知りたい

以上のような疑問・お悩みについて、
イヤホン3つで、月10冊以上を耳で読破する「オタク」の筆者が、

を、両方のオーディオブックを使った実体験をベースに、わかりやすく解説します。

結論、どちらか1つ選ぶなら「Audible(オーディブル)」がオススメ。

  • Audibleは、Amazon社が提供するオーディオブックサービスです。

理由としては、以下の3つ。

とはいえ、audiobook.jpにも「安く単品購入できる」メリットがあるので、使う価値あり。

ほしくん
ほしくん

「聴き放題:Audible、単品購入:audiobook.jp」がベストです。

本記事では良い点・悪い点を全て暴露しており、他のユーザーの口コミも紹介しているので、失敗しないオーディオブックサービス選びができますよ。

\【〜5/9限定】通常30日→2ヶ月無料!/
リンク先:【公式HP】https://www.audible.co.jp/
\14日間の無料体験は即退会OK!/
リンク先:【公式HP】https://audiobook.jp/

【徹底比較】Audibleとaudiobook.jpの違い

【徹底比較】Audibleとaudiobook.jpの違い

オーディオブックの二大サービス「Audibleオーディブル」と「audiobook.jpオーディオブックドットジェーピー」。

両者の違いについて、以下3つのポイントに絞って徹底比較します。

ほしくん
ほしくん

①料金以外は、Audibleの勝ちです。

①料金:audiobook.jpの勝ち

比較ポイント①料金:audiobook.jpの勝ち

まずは、気になる料金から。

コスパが高いのは、audiobook.jpです。

項目Audibleロゴaudiobook.jpロゴ
聴き放題月1,500円月833円(年)
月1,330円
単品購入30%オフチケットプラン
月額会員プラン
支払い方法クレカのみクレカ以外OK
(d払い、キャリア決済)
無料体験期間30日間14日間
audiobook.jpの料金プラン
プラン名内容金額
聴き放題プラン対象本が聴き放題月880円(年)
月1,330円
チケットプラン【毎月もらえる】
500円分のポイント
対象作品と交換できるチケット
1,500円(チケット1枚)
2,900円(チケット2枚)
月額会員プランポイントが毎月お得にもらえる月550円〜36,000円
audiobook.jpの料金プラン(月額プラン)
月額プランの一覧
【出典】audiobook.jpのHP
気になる人
気になる人

値段も安いし、audiobook.jpで決まりか…

ほしくん
ほしくん

ちょっと待って!作品と使いやすさでは、Audibleです。

②作品:Audibleの勝ち

比較ポイント②作品:Audibleの勝ち

Audibleは小説を含めたラインナップが充実しており、人気俳優・声優がナレーションしているなど、作品の幅が広いです。

項目Audibleロゴaudiobook.jpロゴ
コンテンツ数
(聴き放題)
2万以上
(日本語タイトル)
1.5万以上
ジャンルの幅小説などが充実ビジネス書中心
ナレーター人気俳優・声優人数が多い
オリジナルpodcastポッドキャスト多い少ない
気になる人
気になる人

Audibleは聴いていて楽しそう!

③機能・使いやすさ:Auidbleの勝ち

比較ポイント③機能・使いやすさ:Auidbleの勝ち

金額はaudiobook.jp、作品はAudibleに軍配が上がりましたが、機能面(使いやすさ)Audibleの方が優秀です。

項目Audibleロゴaudiobook.jpロゴ
作品のレビュー見れる見られない
再生速度3.5倍速4倍速
ストリーミング再生できるできる
(聴き放題のみ)

一番の大きな違いはレビューの有無

オーディオブックのナレーションは内容以上に大事なので、ハズレ本を避けるためにも事前にレビューをチェックできると便利です。

ちなみに、上記以外の機能はほぼ同じ。

  • 概要・あらすじ
  • オフライン再生
  • ドライブモード
  • スリープタイマー
ほしくん
ほしくん

事前にレビューが見られるAudibleの方が使いやすいです。

まとめると、Audibleは値段が少し高いものの、作品のバリエーションが豊かで、機能・使い勝手も申し分ないので最高です。

耳寄り情報

・解約忘れを防ぐため、すぐ退会もOK
2回目以降も無料体験できる可能性あり

\【〜5/9限定】通常30日→2ヶ月無料!/
リンク先:【公式HP】https://www.audible.co.jp/

実はだれでも最初の5ヶ月は「月750円」で使えるので、気になる方はチェックしてください。

↑目次に戻る

Audible(オーディブル)のメリット・デメリット

オーディオブックへの加入を考えた場合、ユーザーのリアルな感想が気になると思います。

そこで、実際に筆者が感じる良い点・悪い点を暴露していきます。

ほしくん
ほしくん

オーディオブック自体ではなく、サービス特有の内容です。

項目Audibleロゴaudiobook.jpロゴ
メリットラインナップ
配信スピード
ナレーター
レビュー
料金(聴き放題)
料金(単品購入)
ビジネス書
デメリット料金
単品購入
ビジネス書以外
無料体験期間
料金体系

Audibleのメリット4つ

Audibleのメリット4つ

Audibleのメリットは、以下の4つです。

①ラインナップが充実

Audibleのメリット①ラインナップが充実

Audibleは、作品のジャンルが幅広いです。

  • 小説
  • ビジネス書
  • 自己啓発書
  • エッセイ・自伝
  • ラノベ(ライトノベル) など

特に小説では、別記事で調べた結果によると、本屋大賞・直木賞・芥川賞の受賞作やノミネート作品の約7割が聴き放題の対象となっています。

気になる人
気になる人

聴きたい本は、ほぼ聴けるイメージだね。

ビジネス書・エッセイも、過去の名著から話題の本まで幅広くラインナップされています。

具体的な作品は、以下の記事をチェックしてください。

>【オタク厳選】Audible(オーディブル)のおすすめビジネス書50選|2024年最新版

↑目次に戻る

②話題作の配信が早い

Audibleのメリット②話題作の配信が早い

配信スピードも非常に早いです。

例えば第169回芥川賞を受賞した「ハンチバック」は、受賞日の翌日から聴けるようになりました。

また本屋大賞2024を例に挙げると、そのスピード感が分かります。

作品名Audibleロゴaudiobook.jpロゴ
黄色い家対象対象外
君が手にするはずだった黄金について対象外対象外
水車小屋のネネ対象対象外
スピノザの診察室対象対象外
存在のすべてを対象対象外
成瀬は天下を取りにいく対象対象外
放課後ミステリクラブ対象対象外
星を編む対象外対象外
リカバリー・カバヒコ対象対象外
レーエンデ国物語対象対象外
配信状況は、執筆時点のもの(予定を含む)
  • SNSで話題になってた
  • 書店で最近よく見かける

以上のような話題作を聴きたいなら、Audibleがオススメです。

↑目次に戻る

③ナレーターが多彩

Audibleのメリット③ナレーターが多彩

プロのナレーターをはじめ、著者ご本人、人気俳優・声優の朗読が楽しめます。

ほんの一部ですが、例をご紹介。

ご本人の朗読
  • ROLAND「俺か、俺以外か。」
  • 草薙龍瞬「反応しない練習」
  • 黒柳徹子「窓ぎわのトットちゃん」
人気俳優の朗読
  • 藤原竜也「リバース」湊かなえ
  • 高橋一生「騎士団長殺し」村上春樹
  • 大塚寧々「八日目の蝉」角田光代
ご本人の朗読
  • 櫻井孝宏「墨のきらめき」三浦しおん
  • 小松未可子「きらきらひかる」江國香織
  • 池澤春菜「トッカン」高殿円

映像版と同じナレーターが朗読している作品が多いのも特徴で、新海誠「言の葉の庭」は、原作と同じ声優6人がナレーションを担当しています。

ほしくん
ほしくん

映像版と併せて、楽しみが2倍になりますよ。

↑目次に戻る

④レビューをチェックできる

Audibleのメリット④レビューをチェックできる

事前に作品のレビューをチェックできるのは、大きなメリット。

  • 音質が悪い
  • 一人で何役も担当している
  • 人物のイメージに合っていない

以上のような作品もあるので、ナレーションの評価を事前に見ると、ハズレ本を回避できます。

Audibleアプリの「カスタマーレビュー」は、次のような画面です。

Audibleの良いカスタマーレビュー
良いレビュー
Audibleの悪いカスタマーレビュー
悪いレビュー
ほしくん
ほしくん

「ナレーションが微妙なら、紙にしよう」と、方向転換できますね。

以上4点が、Audibleのメリットです。

\【〜5/9限定】通常30日→2ヶ月無料!/
リンク先:【公式HP】https://www.audible.co.jp/

↑目次に戻る

Audibleのデメリット2つ

Audibleのデメリット2つ

一方、Audibleのデメリットは以下の2つです。

①料金が高い(対策あり)

Audibleのデメリット①料金が高い(対策あり)

Audibleの聴き放題は、月1,500円

audiobook.jp(月833円〜1,330円)と比較すると、やや割高な印象です。

しかしAudibleには、以下のような裏ワザがあります。

  • 最初の5ヶ月は750円で使える
  • 退会後、お得に再加入できる
  • 2回目以降も無料体験OK
ほしくん
ほしくん

実は月1,500円もかかりません。

Audibleを安くお得に使う方法は、以下の記事に詳しくまとめていますので、気になる方は参考にぜひ。

↑目次に戻る

②単品購入に向いていない

Audibleのデメリット②単品購入に向いていない

Audibleは、以下の2点から単品購入に向いていません

  • ラインナップが少ない
  • 料金が高い

例えば、以下の作品は超有名な名著ですが、Audibleでは聴き放題・単品購入のいずれも対象外です。

  • 7つの習慣
  • 影響力の武器
  • マネジメント

また会員限定で30%オフになりますが、割引後の価格でも、audiobook.jpと比較すると割高なケースがほとんど。

ジル・チャン著「静かな人の戦略書」
ジル・チャン著「静かな人の戦略書」(Audible)
Audible:3,000円→2,100円
ジル・チャン著「静かな人の戦略書」(audiobook.jp)
audiobook.jp:1,650円
ほしくん
ほしくん

ラインナップ・価格のいずれも、audiobook.jpの方が向いています。

以上が、Audibleのデメリット2点になります。

\【〜5/9限定】通常30日→2ヶ月無料!/
リンク先:【公式HP】https://www.audible.co.jp/

↑目次に戻る

audiobook.jpのメリット・デメリット

続いて、audiobook.jpのメリット・デメリットを解説します。

audiobook.jpのメリット3つ

audiobook.jpのメリット3つ

audiobook.jpのメリットは、以下の3つです。

①聴き放題が安い

audiobook.jpのメリット①聴き放題が安い

audiobook.jpの魅力は、リーズナブルな価格設定。

月単位で契約すると1,330円、年割なら月833円で、対象のオーディオブックが好きなだけ聴けます。

ただしAudibleのメリットで説明したとおり、最初の5ヶ月750円で使えるAudibleの方がお得な場合も。

ほしくん
ほしくん

半年以上ずっと使うなら、audiobook.jpがオススメです。

↑目次に戻る

②単品購入がお得

audiobook.jpのメリット②単品購入がお得

聴き放題だけでなく、単品購入もお得

チケットプラン・月額会員プランがあるので、定価より安く購入できます。

ほしくん
ほしくん

もちろん普通に、単品で1冊ずつ購入するのもOK。

セールも定期的に開催されるので、紙の本を買うよりお得になることも。

audiobook.jpは定期的にセールあり
50%オフなど、かなりお得
audiobook.jpでお気に入りの本が半額に
狙っていた本が、半額で買えました

聴き放題の対象外でも、オプションで気軽に買えるので重宝します。

↑目次に戻る

③ビジネス書が多い

audiobook.jpのメリット③ビジネス書が多い

audiobook.jpは、ビジネス書が充実しています。

日本マーケティングリサーチ機構の調査結果(2023年11月)では、3年連続で「国内のビジネス書籍ラインナップ数No.1」となっており、1万冊以上を聴くことができます。

audiobook.jpは、国内のビジネス書籍ラインナップ数No.1
ビジネス書以外でもNo.1です

筆者の実感として、新作・話題の本はAudibleの方が優秀ですが、「7つの習慣」といった過去の名著は、audiobook.jpにしか無いケースがほとんど。

ほしくん
ほしくん

ビジネス書を中心に聴くなら、audiobook.jpです。

以上3点が、audiobook.jpのメリットです。

\14日間の無料体験は即退会OK!/
リンク先:【公式HP】https://audiobook.jp/

↑目次に戻る

audiobook.jpのデメリット3つ

audiobook.jpのデメリット3つ

audiobook.jpのデメリットは、以下の3つです。

①ビジネス書以外が弱い

audiobook.jpのデメリット①ビジネス書以外が弱い

Audibleのメリットでも説明しましたが、小説・エッセイのラインナップが少ないです。

例えば、本屋大賞2023ノミネート作品の配信状況を比較すると、以下のとおり。

作品名Audibleロゴaudiobook.jpロゴ
汝、星のごとく対象単品購入のみ
ラブカは静かに弓を持つ対象対象
光のとこにいてね対象対象外
爆弾対象対象外
月の立つ林で対象対象外
君のクイズ対象外対象外
方舟対象対象外
宙ごはん対象外対象外
川のほとりに立つ者は対象対象外
#真相をお話しします対象対象
配信状況は、執筆時点のもの
気になる人
気になる人

audiobook.jpは、聴き放題だと2作品だけ…

ビジネス書しか聞かない人であれば必要十分ですが、小説やエッセイなども幅広く聴きたい場合には物足りないでしょう。

↑目次に戻る

②無料体験期間が14日と短め

audiobook.jpのデメリット②無料体験期間が14日と短め

Audibleaudiobook.jpどちらも無料体験がありますが、audiobook.jpは14日間と短いです。

気になる人
気になる人

キャンペーンで長く使えることはないの?

audiobook.jpは30日間に延長されることもありますが、Audibleは最大3ヶ月。

>【プライム会員限定】オーディブルを3ヶ月無料で使う方法を徹底解説。特典に含まれる?

自分に合うかどうか分かったうえで課金した方が後悔を減らせるので、14日間ではやや物足りない印象です。

↑目次に戻る

③料金体系が分かりにくい

audiobook.jpのデメリット③料金体系が分かりにくい

前述のとおり、audiobook.jpには3つの料金プランがありますが、内容がやや複雑

またポイントが多くもらえるプランは確かにお得ですが、

  • ポイントに有効期限がある
  • チケットで交換したい本が無い

ため、あまり欲しくない作品と引き換える経験をしたことがあります。

ほしくん
ほしくん

狙っている本が多くある場合は、お得になります。

以上が、audiobook.jpのデメリット3点になります。

\14日間の無料体験は即退会OK!/
リンク先:【公式HP】https://audiobook.jp/

↑目次に戻る

他のユーザーの口コミ・評判

他のユーザーの口コミ・評判

ここまで、筆者の実体験から「Audible」「audiobook.jp」をレビューしました。

とはいえ、他のユーザーがどう感じているのか、気になっている人も多いと思います。

そこで実際に利用している、他のユーザーの口コミ・評判をTwitter(X)で調査しました。

Audibleの口コミ・評判

Audibleの口コミ・評判

まずは、Audibleのレビューから。

良い口コミ・評判
  • 話題書が早い
  • 聞き取りやすい
  • 配信タイトルが多い
  • 実は3ヶ月半額で使える
  • 0.1倍速ごとに調節できる
  • ナレーターの個性も楽しめる
悪い口コミ・評判
  • 値段が高い
  • 余計な効果音の入る作品がある

audiobook.jpの口コミ・評判

audiobook.jpの口コミ・評判

次に、audiobook.jpのレビューです。

良い口コミ・評判
  • 聴き放題が安い
  • 聴く日経が便利
  • 単品購入できて、安い
  • 4倍速で聴ける
悪い口コミ・評判
  • 聴きたい本が少ない
  • アプリの使い勝手が微妙

比較した口コミ・評判

Audibleとaudiobook.jpを比較した口コミ・評判

最後に、両者を比較したレビュー

  • あまり聴かないなら、単品購入で十分
  • audiobook.jpはラインナップが微妙
  • Audibleは値段が高い

↑目次に戻る

Audibleが向いている人

Audibleが向いている人

ここまで、筆者のレビューに加え、他のユーザーの口コミも説明しました。

実際に使用している生の声を踏まえ、Audibleをオススメする人は、次の3パターンです。

  • 新作・話題の本を早く聴きたい
  • ビジネス書以外のジャンルも好き
  • 人気俳優・声優のナレーションを楽しみたい

Audibleの1番大きな魅力は、幅広いジャンルの作品多彩なナレーションで楽しめること。

色々なジャンルの作品を、たくさん聴きたい方にはピッタリ。

ほしくん
ほしくん

最初の5ヶ月は月750円(半額)で使えるのも魅力です。

耳寄り情報

・解約忘れを防ぐため、すぐ退会もOK
2回目以降も無料体験できる可能性あり

\【〜5/9限定】通常30日→2ヶ月無料!/
リンク先:【公式HP】https://www.audible.co.jp/

↑目次に戻る

audiobook.jpが向いている人

audiobook.jpが向いている人

逆に、audiobook.jpが向いている人は、次の4パターンです。

  • 聴き放題より単品購入
  • ビジネス書以外はあまり聴かない
  • クレジットカードを持っていない
  • 聴き放題は、1年以上じっくり使う

過去の名著を中心にビジネス書を多く取り揃えており、セールなどでAudibleよりも圧倒的に安く購入できるのが大きなメリット。

ほしくん
ほしくん

気になる本を狙って聴きたい方にオススメです。

\14日間の無料体験は即退会OK!/
リンク先:【公式HP】https://audiobook.jp/

↑目次に戻る

よくある質問

よくある質問

オーディオブックを使いはじめるにあたって、気になる質問をまとめました。

Q
プライム会員だと、Audibleは無料で使えるか?
A

プライム会員特典の対象外です。ただし3ヶ月無料で使えるキャンペーンがあります。

Q
Audibleの解約方法が知りたい。
A

公式HPから、1分で完了します(スマホOK)。

Q
Audibleはいつ解約しても大丈夫?
A

30日間の無料体験のみ、即退会OKです。

  • audiobook.jpも即退会OKです。

↑目次に戻る

【まとめ】「聴き放題:Audible、単品:audiobook.jp」がオススメ

【まとめ】「聴き放題:Audible、単品:audiobook.jp」がオススメ

本記事の結論をひとことでまとめると…

  • 聴き放題:Audible、単品購入:audiobook.jp

理由をまとめると、以下の4つになります。

とはいえ文字の説明だけではイメージがわきませんし、どちらのオーディオブックサービスが自分に合うのか分からず、不安もあるのではないでしょうか。

まずは無料体験期間を活用しつつ、本を聴く体験をして相性を確かめましょう。

特にAudibleは無料体験が30日間と長く、リトライキャンペーンが使えるなど、退会後に安く使う選択肢が増えるので、とりあえず加入しておくべし。

解約を忘れて自動で課金されるのが嫌なら、即退会してもペナルティはありませんし、期間内はそのまま使えるので安心です。

ほしくん
ほしくん

ノーリスクどころか、メリットしかありませんよ。

Amazon会員ならだれでも使えて、30日間は無料なので、まずはボタンをクリックして、タダで使えるかチェックしてみてください。

\【〜5/9限定】通常30日→2ヶ月無料!/
リンク先:【公式HP】https://www.audible.co.jp/
\14日間の無料体験は即退会OK!/
リンク先:【公式HP】https://audiobook.jp/

オーディオブックを使う意味に、半信半疑の方へ。

以下の記事では、科学的なエビデンスを踏まえた驚くべき効果を詳しく解説しています。

Audibleで聴きやすい作品30選はこちら。登録後の選書にお役立てください。

ほしくん
ほしくん

それでは、耳読で楽しい読書ライフを!

コメント